さいたま市南区のいちご保育園です

保育について

子どもの健康管理

  

1、保育園は集団生活の場ですので病気の場合、お預かりできません。
登園前の子どもの健康状態(熱・食欲・機嫌等)をよく把握してください。
いつもと様子が違うときは、早めに医師の診断を受けて完全によくなってから登園させてください。

2、伝染病(疱疹・水痘・おたふく風邪・とびひ・流行性結膜炎)にかかった場合は、他の子どもに迷惑がかかりますので自宅療養し医師の許可を得てから登園させるようにして下さい。
完治不明の場合は治癒証明書を出していただくことがあります。(用紙が必要な方は保育園に申し出て下さい。)

3、保育中発熱など身体に異常が生じて保育が困難と思われる時は、迎えに来ていただくことがありますので連絡先は明確にしておいてください。

4、薬は、医師の指示に基づいたものについてはお預かりします。その際「投薬依頼書」を提出して頂きます。
(連絡票が必要な方は保育園に申し出て下さい。)

5、早寝、早起きの習慣をつけ気持ちよく登園させてください。

6、日本スポーツ振興センター制度
  保育にあたって安全管理には最大の努力をはらっておりますが、万一の事故災害に備え、入園と同時にこの制度に加入していただきます。

7、年間の定期健康診断
 ・定期健康診断・・・年2回
 ・歯科検診  ・・・年1回
 ・ぎょう虫検査・・・年1回(6月頃予定)
 ・身長体重測定・・・毎月